北摂多田の歴史 

塩川氏の研究

「塩川姓の由来」  傳曰、御祖母主代殿満仲卿ニヲクレサセ給ヒテ後、常ニ眩暈ヲナヤミ玉フ、故ニ院内ノ薬師如来ヘ立願ナサレ七日参籠アル、満スル夜半ニ告夢、汝常ニワレヲ念スル故今是ヲ告ル、河水ヲ以テ塩ニ焼セ、其塩ヲ以行水ノ湯ニ入、百ヶ日ノ間行水ヲシ玉フヘシ、眩暈本復シ、長命タルヘシ、且子孫ノ称名ニモナルヘシト在リト告有、依テ近キ辺ノ江ニテ水ヲ汲セ、其水ヲ塩ニ焼セ玉フ、其水始ハ沸水ナルカ一七日焼セ給ノ内塩水トナレリ、其時又告曰、其水ヲ以直ニ行水ヲナスヘシト、此コトクニシ玉フテ御病本復在ス、始ハ近辺ノ沢ニテ汲セ玉フ、後ニ告有、御庭中ノ井ヘ塩水涌出タリ、其井ノ奉行ヲナセシ者ヲ本井ト名付玉フ、此本井ト云者ハ信濃國黒川ノモノニテ、松尾丸ト云、満仲童ワニシ仕玉フ者ナリ、今名ヲ改本井ト号、此時庄内ノ諸民貴賎無ク群集シ来ル、村々ニ止宿セシメ、水塩トナリタルヲ見ル、多人集故ニ隼人ト云者奉行セシメ、此群且村々ヲ治ム、村ヲ能安ンスルト云理ヲ以テ安村ト号ス、其後御病癒テ件ノ井水佛水ナル故ニ江ノ本ニ反ンコトヲ祈ル、其時又亀甲山住僧ニ告在シ、彼井水ヲ反ンコトヲ加持ス、三日ノ内ニ本ノ井トナル、此所ニ水ヲヨリスルコト可ナリト云理ヲ、亀甲山ヲ吉河山ト付給ヒテ、其ヨリ子孫ノ血脉ヲ以吉河山高代寺ノ住持トス、彼江ニ塩水涌出ル所ヲ塩我平江ト名付、塩ヲ以ワレヲ平ニスル江ト云心()リ又井トモ書、且又河水塩ニナリタルト云理ヲ以テ、主代リ殿ヲ塩川殿ト号ス、又後室ノ御字ヲハ河味サマト申ス、河ニアチワイ出タリト云心ナリ、夫ヲ文字ニ直シ、上サマト云、塩川殿ノ上様ト申ハ満仲公ノ御台所ヲ申ナリ、天下ニ一本ノ称名故他人コレヲツゝシム、世俗満仲ノ塩川ト云ハ此理ナリ、獅子牡丹紋ノコトモ、六孫王ノ御傳ト文殊本尊ナル事ト又薬師・弥陀・普賢・文殊代々ニ尊佛ナル故ナリ、古語ニ云、漢ノ獅子ト云ハ住吉・八幡・普賢・文殊ノ召レタリト、住吉神体コレ薬師、八幡神体コレ弥陀如来ナレハナリ、其上源氏武士ノ根元者六孫王ナリ、獅子ハ萬畜ノ頭、則獅子王ト云、牡丹ハ萬花ノ王ナリ、故ニ此紋ニナラヘル紋ナシ、末代ニ到テモヲロソカニスヘカラサルハ此紋ノコトナリ、傳記末ゝコレヲ記ス、(高代寺日記)

「伯耆守・信濃守の由来」
昔、北摂の山々は住吉大神の杣山であった。ところがいつの比からか、北摂の大神郷(おおむちごう・多田)を中心に大田田根子命を祀る多太社を氏神とする人達が住みついた。多々良で銀銅を精錬する出雲系の人々であった。三草山に住む龍神の化身である百済系の女神(刀自)と争っていた。源満仲公は北摂の銀銅山に眼をつけて、住吉大神(百済系仲哀・神宮皇后・応神)の許しをもらい、多々良人を滅ぼし、「多田庄」と名付けた荘園を営んだ。そして「多太社」を廃し京師から平野明神を遷座して「平野明神」と改めた。すると、龍神の化身の女神はたいそう喜んで、満仲公に龍馬を贈った。ところが、満仲公の嫡男・満正公が突然みまかった。これはおそらく、滅ぼした多々良人の呪いではないかと言う者があり、多々良人を祀る「九頭社」を多田庄内に設けて神鎮めを行った。そして、次男・頼光の代には大田田根子命の祖・下照姫宮をさらにお祀りした。後々、諏訪下社をもお守りするために伯耆守・信濃守を拝命し、鎮魂するようになった。又、源氏は応神帝を八幡大菩薩としてお祀りした。

「長和元年(1012)壬子、六月、頼光摂東生郡比賣許曽祠造替、下照姫宮、傳曰、頼光諏訪ヲ信仰故ニ右祠ヲ建ラルゝト云リ、」
「延久二年(1070)庚戌、六月、頼仲諏訪神夢ヲ得玉、則河村秀友ヲ以代参、子孫必伯耆守タルヘシト、諏訪下社倭文神下照姫御体シトリノ御神ト申ス、」
(高代寺日記 上)
「諏訪殿ヘ當家(塩川家)永々伯耆守タランコトヲ申サル、神ハ皆御同体故ナリ、コレ元來下照姫ノ垂跡ニテ伯刕ノ一宮河村郡ニ在ス倭文ノ御神共申ナリ、伯刕・信刕ト云事當家受領ノ第一也、」(高代寺日記下)

 
塩我平江、塩ヶ平井とも(平野3町目) と 御所垣内、源氏屋敷(東多田3町目) その上に字上津(多田上津城跡・平野)

塩川氏系図の検討



 塩川伯耆守国満は「間部塩川氏系図」にある国満とされてきたが、『多田院文書』などに塩川秀仲・秀満・種満などの名が登場するが、上記系図には名前が見当たらない。

摂陽群談』()・『多田院文書』()・『多田雪霜談』()・『高代寺日記』()・『満願寺文書』()に見える塩川氏を時代を追って記述する。
塩川刑部丞・仲義   多田塩川家初代仲義 仲章は仲義の苗孫()     仁治元年(1240)刑部丞仲義公善源寺再建()
塩河左衛門尉     弘安元年(1278)多田院御堂上棟引馬進人々
塩川伯耆前司・仲章  細川頼之(13291392)の時代()
三野又七仲澄     貞和五年(1349)二月満願寺文書・塩川伯耆守のことなり()
塩川藤七後室(藤井氏女) 康安元年(1361年・正平16) 田寄進状
塩河又九郎      貞治三年(北朝1364年・南朝正平19)鷹尾山事
塩川刑部大夫入道   応安元年(北朝1368)48日多田院御家人引馬注文
塩川仲章       応安四年(北朝1371)連署書下
吉河仲衡       同
塩川秀仲       永亨十三年・嘉吉元年 (1441) 千部経田寄進状
塩川秀満       応仁元年(1467) 御影勤行田寄進状
塩川伯耆入道慶秀   文明九年(1477)・同十二年(1480)
塩川秀満       文明十二年(1480)駒塚山之事
塩川秀満       文明十四年(1482)田地寄進状
塩川秀満
       文明十七年三月 能勢頼則主催の発句に参加ス
塩川彦六満久     文明十七年(1485)
吉川左京亮弘満    明応元年(1492)
塩川豊前守秀満    明応二年(1493)宗祇句集「下草」
塩川彦太郎種満    明応四年(1495)斉藤元右奉書
孫三郎仲朝      明応六年(1497)
塩川彦太郎種満    文亀元年(1501)
塩川太郎左衛門    永正三年(1506)多田庄段銭結解算用状
塩川新左衛門     同
塩川又三郎仲方入道正吉 永正四年(1507)仲景の孫・仲繁ガ弟・本家の後見ナリ()
塩川加賀入道正吉   永正七年(1510)書状
左京亮弘満    永正十二年(1515)娘ヲ山問民部丞頼里ニ嫁ス()
塩川源兵衛尉宗莫   文永七年(1527)田地寄進状
塩河九郎左衛門尉頼繁 享禄二年(1529)
塩川仲朝(仲延)・九郎左衛門尉頼繁 享禄四年
塩川伯耆守種満    享禄四年六月八日千余騎ヲ催シ天王寺今宮ヘ出張シ高国ヲ支、
           宗英・仲延・定満・宗基・頼繁以下タリ。二十四日勝利、高国討死、浦上掃部七十人討死ス。
()
塩川太郎左衛門尉国満 天文元年(1532)田地寄進状
塩川伯耆守国満    天文二十年
(1552)「天文日記」
塩川弾正忠秀国    天文二十一年 足利義晴方で長慶と戦う。国連と共に戦う。()
           『高代寺日記』によれば、この頃塩川国満が弾正忠を名乗る。

塩川元基       同        同()
塩川基国       同        同()
塩川伯耆守国満    天文二十一年(1553) 秀満の孫
           天文二十一年九月 国満立願状
天文二十三年(1555)「天文日記」
塩川民部丞頼敦    弘治三年(1557)田地寄進状
塩川国満       永禄二年(1559)四月三好長慶、八月国満多田院に参詣
           永禄二年十二月大戉戌二日伯劦六十歳ノ加赦アリ()
           細川高国ガ一字ヲ取テ国満と号ス()
塩川山城入道仲延   元亀元年(1570)田地寄進状
塩川国満       天正四年十二月十四日没()
塩川長満       天正八年(1580) 源治郎ト号ス 母伊丹兵庫頭娘()
塩川又右衛門尉    天正十年(1582)
塩川半右衛門尉    同
塩川十兵衛尉     同
塩川吉左衛門尉国義  同           国満の弟()
塩川主膳正国良    同           国満の養子()
塩川長満       天正十四年十月五日病没四十九歳()



 塩川氏は山蔭流藤原氏であり、満任が藤原仲光の娘を娶り、仲光の婿となり、幸壽丸亡き後、藤原仲光の塩川の地を相承した、とある。そして、鎌倉時代になって、多田庄へ大内惟義が入部すると、塩川氏は大内惟義に娘を嫁がせて、生まれた惟親に塩川家を相続させ、塩川氏は清和源氏となった。室町末期に現れた塩川伯耆守国満はこの系図にある国満であると言うのが長い間定説となっていた。




 塩川氏所縁の大昌寺に井上塩川氏の系図が残されており、この 「大昌寺塩川氏系図」は今まで公表されていなかったのであるが、塩川氏は大内惟義の末裔であり、塩川秀仲・秀満・種満・伯耆守国満とその子伯耆守長満が出てくる。



『高代寺日記・下巻』を読むと次のような系図が出来上がり、この系図は「大昌寺塩川氏系図」とよく合致する。

上記の「間部氏家譜」と「大昌寺塩川氏系図」をまとめると次のようになる。 大内惟義の嫡男惟信と塩川三郎満国・満直父子、そして多田行綱の子重綱は「承久乱」では上皇方として戦って敗れ、重綱は斬首され、満資、満貞は浪々したようです。一方、塩川惟仲は多田庄に残り、何故か鎌倉時代には多田院御家人筆頭格となっている。『間部氏家譜』によれば、塩川満長は相州甘縄に来住し、上杉家に仕えたとある。上杉氏は丹波国何鹿(いかるが)郡上杉村(現・綾部市上杉)を本貫として、鎌倉六代将軍宗尊(むねたか)親王の従者として鎌倉に下向したと言う。



 これを見ると、塩川伯耆守国満は二人存在したことになる。「間部氏家譜」をさらに紐解くと、塩川伯耆守吉太夫国満は細川高国派であり、高国滅亡後は晴国に従い、六瀬城主山間左京亮を討つとある。その後、荒木村重に従ったが、村重謀反の後は、織田信長に仕えたとある。天正13年に、豊臣秀吉に領地を召されて病死したとある。仁部塩川氏も猪名川町阿古谷を本貫としているので、「仁部氏系図」『多田雪霜談』に登場する塩川伯耆守国満もこの間部塩川吉太夫国満と思われる。『高代寺日記 下巻』に「天正三年、吉太夫阿古谷三寺ヲ立ル、」とあるのはこの塩川吉太夫国満であると思われる。塩川吉太夫昌次は天正十年、信長公より軍勢催促があり、病気の父に代わって大坂に出陣し、そのまま秀吉軍に従って山崎の合戦に参戦したとある。


赤字は推測

「山崎合戦図屏風」に塩川伯耆守国満の名前が見える。これは吉太夫国満と解せられる。又、『多田雪霜談』には「塩川伯耆守国満と吉左衛門国義が山崎ノ合戦に参戦したとある。
 

 真田淑子氏著「小野お通」に登場する塩川志摩守十兵衛満一は「間部氏家譜 」によると、塩川山城守満定の孫に当り、河内若江八人衆の一人で、一千石大番頭で豊臣秀次に仕えた。





塩川伯耆守国満・伯耆守長満の菩提寺と戒名

○『高代寺日記』
塩川伯耆守国満・天正四年十二月十四日逝去・七十七歳禅源院殿前伯州太守天岑祥光大居士」、室・細川澄元娘・晴元姉、
塩川伯耆守長満・天正十四年十月五日卒去・四十九歳「輝山源光大居士」、室・足利義輝(光源院)娘、種村種子、「信長の娘」と噂される。

○「禅源寺過去帳」
塩川伯耆守国満 桃源院殿天岑祥光大居士 天正四年十二月十四日 十六代伯耆守国満公
塩川国満・室  祥雲院殿心月妙傳大姉  天正元年十月四日   十六代室伊丹兵庫助親永公娘
塩川伯耆守長満 永祥院殿輝山源光大居士 天正十四年十月五日  十七代伯耆守長満公

○「大昌寺位牌」
大昌寺開基伯耆守秀仲 大昌寺殿前伯州太守義山了忠大居士 寛正二年辛巳三月十五日卒
塩川伯耆守国満 桃源院殿天岑祥光大居士 天正四年十二月十四日卒
塩川伯耆守長満 永祥院殿輝山源光大居士 天正十四年十月五日卒

○「喜音寺位牌」
塩川伯耆守国満 桃源院殿天琴祥光大居士 天正()丙子年十二月十四日 摂州多田庄笹部城主塩川伯耆守国満公
塩川国満・室  祥雲院殿心月妙傳大姉  天正元癸酉年十月四日 

「禅源寺」「大昌寺」にある位牌には、塩川伯耆守国満・室は伊丹親永娘・お妙とあり、伯耆守長満はお妙の子で、室は光源院足利義輝の忘れ形見とある。『信長公記』に登場する塩川伯耆守とはこの長満のことを指す様である。




塩川伯耆守国満・長満 についてまとめると次のようになる。



 塩川伯耆守国満は天正4年12月14日 77歳で逝去し、天正7年荒木村重謀反の時に、有岡城攻めに加わった塩川伯耆守は長満であり、『信長公記』に登場する塩川伯耆守も長満である。『高代寺日記』によれば、塩川伯耆守国満の正室は「三好長基(元長)才学ニテ(細川)晴元姉ヲ国満に嫁ス」とあるように、細川澄元の娘を種村高成の娘として国満の室としたとある。長女お虎と長男源太小法師丸(全蔵・運想軒)が生まれる。しかし、側室・伊丹親永娘お妙方の企みで、小法師丸は出家させられて吉河氏に養子に出されたあげくに謀反の疑いがかれられ、命を狙われたために出奔した。そして、源次郎長満を嫡男とした。

「傳曰、右京進
(運想軒)事、准母(伊丹娘・妙)ノ讒言ニヨッテ殺害セント評定、依去、石道若狭椽カ方ヨリ急ニ是由ヲ告、則田中ノ勝之介ト瀧川ノ丹波椽ヒソカニ泉州堺津迄供、而其ヨリ紀州根来寺ヘ赴、直ニ長善庵ニ込居ル、寺士ヲ頼ミ改名シ、全蔵ト号ス、自是吉河ト不和トナル、実者頼長子无故ニ、宗覚(運想軒)ヲ養子トシ塩川ヲ亡サントセラル、故ニ古白()失也トシタマフト云傳フ、」(高代治日記)

 全蔵こと塩川頼国(満国トモ) は後に還俗し、運想軒と名乗り、畠山高政の軍師となり、河内国大賀塚(花田、小寺、蔵ノ前) に八千石を知行して、 後に織田信長、豊臣秀次に仕えた。

 塩川伯耆守長満は天正13年、運想軒の催促により秀吉の「根来攻め」に参戦している。翌天正14年10月5日、豊臣秀吉に攻められて禅源寺で自害しているが、自害の理由は不明である。『高代寺日記』には病死とある。『高代寺日記』には「本能寺の変」と「山崎ノ合戦」については記述されていない。

『川西市史』の虚構 「塩川氏の没落」について、 天正14年6月、能勢頼次(雪霜談には頼弘・頼行とある)は家臣を引き連れて大坂城で秀吉の謁見を受け、品々を献上した。ここに能勢氏に旧領が安堵され、島津征伐の軍をだすときには先手を勤めるように命じられた。この命に応じて六月能勢頼次も九州に出発した。能勢が先手として出発したあと、塩川は不意に能勢氏の地黄城を攻撃した。十月四日、塩川国満は養子塩川主膳正国良に命じ、云々、(川西市史)  とあるが、この頃には能勢頼次は能勢を出奔しているし、この国満は吉太夫国満と考えられ、塩川伯耆守長満はどうしていたのか、書かれていない。何を根拠にこの文章が書かれたのか理解に苦しむ。


河内塩川氏
 『姓氏家系大辞典』によれば、「橘姓楠木氏、河内国の豪族にして、『長禄寛正記』に「河内衆塩川」、『細川両家記』に塩川孫太郎等見ゆ。また河内国渋川郡東足代村の人に塩川道喜あり、聖徳寺(聖源寺か?)を開く。もと小寺氏と称せり」とある。渋川郡東足代村は布施村、今の東大阪市布施当りである。長禄・寛正(14571465)年代室町将軍足利義政の時代に「河内衆塩川」の名があることから、河内国に楠木氏流小寺氏と塩川氏の存在が認められる。
 元布施市長『塩川正三傳』によれば「塩川家は元小寺姓であったが、慶長七年(1602)に小寺宗右衛門政家は、母方の姓の塩川に改めた。」とある。
母方の姓塩川氏とは運想軒に繋がるものであろうか・・・?

   塩川伯耆守国満の長男・塩川運想軒(15351614)は河内国大賀塚(花田・小寺・蔵ノ前)に八千石を知行して、織田信長・豊臣秀次に仕えている。聚楽第の普請奉行、九州征伐にも参戦した。

「永禄三年、全蔵(塩川運想軒)自畠山河内小寺村ノ貢米ヲ受コレヲ納ム、凡現米二百六十石余タリ」高代寺日記・下)


塩川志摩守
前述した間部塩川氏塩川志摩守満一は若江八人衆の一人とされ、1000石で豊臣秀吉に仕えたとされている。室は高野越中娘、継室は小野於通とされている。




尾張塩川氏

尾張国の塩川氏  塩川伯耆守長満は信長の幼馴染だったのか?

「愛知郡塩川氏・塩川秀満の孫伯耆守国満、信長に仕ふ。又孫四郎あり、共に巾下村の人也。」→この事項に関しては後述する。

中島郡塩川氏・本郡国府宮村源六郎、吉大夫、勘十郎(尾張国誌)

『姓氏家系大辞典』に、「尾張国巾下村の塩川国満・攝津国川辺の塩川氏と全く同属なり、何れが本貫か、云々」又、「尾張国中島郡「大國霊社」神主職に、中世・久田の称号あり、中島連の裔也と、今・其の地を呼んで諏訪と称す、野々部、塩川等の氏皆同属也、『天野信景の惣社参詣記』に、当宮の祠官は天背男命の裔、中島海部連の後なり、中世家衰へ家系を失ひ侍るにぞ、武衛家当国を領せられし時、神主正六位上秀定(久田四郎)文亀年中に一百七十貫文の采地を領し、近境稲島村の土端の城に住し、稲島に背男命の岩屋の跡も伝へ残れり、秀定が子秀守は家の号を野々部と称し、其子成清は塩河と称号し、その子秀光(塩川源六)天正年中信長に属し武事を勤めし、その弟秀政又野々部の称を嗣で祀を奉ず」とある。

 愛知県津島市平和町塩畑(しょうばた)には織田弾正忠信秀の居城「勝幡城」があり、信長が生まれた城とされ、直ぐ側に平和町塩川と呼ばれる地がある。塩川源六郎秀光は信長とは幼馴染だったのではあるまいか。塩川源六郎秀光は、信長から「長」の諱を授けられ「長光」となり、実は塩川伯耆守長満か?信長は天文三年(1534)生まれであり、長満は天文七年(1538)生まれで4歳下である。

『高代寺日記』に、信長は箕面で鷹狩りをして土地の里人に塩川伯耆守(長満)の評判を聞いたと云う行がある。信長は自ら送り込んだ長満が領民にどのように受け入れられているのかを自ら確かめたのではあるまいか。

「天正七年(1579)己卯、三月、信長父子攝津ニ下向、二十日、箕尾近ニ放鷹シ、土民ニ似テ民家ニ入給、人代官ノ邪正ヲ尋ラルゝ、里人新伯(長満)ノ正直ニシテ其徳淳原ノ慈悲ヲ申ス、信長感玉フ、同月、庄士信長労、四月二十日戊申、信長ヨリ森ノ蘭丸・中西権兵衛尉使トシ、守家作ノワキ指・銀千枚賜ル、家臣吉太夫・同右兵衛尉・民部・勘十郎出向テ受取両人ヲ馳走ス、各帷子単物二重紺青ヲ与ラルゝ、モテナシ両人退去、五月五日、吉太夫勘十郎・半右衛門尉ヲシテ安土ヘ礼申サル、」 『信長公記』には「多田の谷、御鷹つかはされ候」とある。

吉太夫は橘太夫頼運、勘十郎は塩川勘十郎頼重、半右衛門は塩川山城入道仲延の子・橘太夫頼方の弟・犬童子こと吉川半右衛門仲宗と思われる。


 
 この吉太夫は間部塩川吉太夫国満とは別人と思われるが、同一人物の可能性もある。『高代寺日記』の吉太夫は両社を混同しているのか、同一人であれば納得できる。「間部氏家譜」では「秀吉に領地召放れ紀州一揆密以相通ず」とあり、塩川信濃守吉太夫頼運「配紀州」とあり、塩川信濃守頼貞「切支丹にて紀州立退き伏見にて病死」とある。「大昌寺塩川氏系図」では塩川橘太夫頼運と記述し区別しているようだ。勘十郎も塩川勘十郎頼重と安村勘十郎仲安(仲勝)の二人がおり紛らわしい。塩川信濃守頼貞は天正九年生まれで、信濃守吉太夫頼運の子である可能性も考えられる。橘太夫も実は二人居る。塩川信濃守橘太夫頼運と塩川山城入道仲延の子橘三郎こと塩川橘太夫頼方(天文5年7月生)である。


塩川伯耆守長満の末裔

*柏木輝久著「塩川信濃守貞行傳・鹽川清右衛門傳」によりこの系図を作成することができた。感謝申し上げる。

大坂ノ陣
①「傳曰、五月七日、大坂落城ノ時、(頼)運は明石掃部ト相備ニテ西ノ先場ニ在陣、其日関東先手ノ軍大将水野日向守ト合戦、大坂勢ハ前田主水正・岡田丹後守且頼運父子三人及家来四十五人上下三百余人厳ク戦フ、其時頼運ノ下知ニ依テ頼覚頼重・主水・丹後・安村仲則以上五騎自馬下立鑓ヲ合追崩ス、此時仲則ニ(塩川ノ)名字ヲ許ス、但一代耳、則証文ヲ下授ス、」(高代寺日記)

② 大坂挙兵の由を聞て集まった輩に「塩川清右衛門同清兵衛同信濃、各紀州畠山浪人」(武徳編年集成)

 塩川信濃守吉太夫頼運の子・頼重は元和元年初冠とあり14~15歳であり、兄・頼覚は元服前であり、実際に大阪ノ陣に出陣したかは疑わしい。塩川基満も15歳で戦いには参加していない。同信濃は塩川信濃守貞行と思われ当時34歳である。因って、塩川清右衛門、同清兵衛は頼運(57歳位?)と弟の頼重(55歳位?)に比定できる。


塩川氏の元祖は藤原仲光
 
 藤原仲光は幸壽丸を喪った後、娘の子・満任を嫡男としたようだが、多田満仲公の早世した長男・満正の子・源次丸、弟・太宅光正の次男光久、そして満井仲正を養子とした。


信濃国塩河牧 信濃の塩川氏について
傳曰、重貞病ト称シテ世ニ密シヒソカニ東国武者修行ス、其ノ次手ニ先祖ノ預リ所ニテコトサラ謂有旧所ナレバ、信濃国猿猴ノ牧ニ順著ス、此エンコウノ牧と申コトハ名馬出ル所ナリ、徃昔馬ハ猿ノヒキタル古事有コレニヨッテ自ラ其名ヲ猿猴ノマキト号、満仲卿左馬寮ノ頭タルトキ藤原中務ヲ信濃に遣シ此エンコウ牧支配サセ給フ、後(藤原)仲光ヲ(猿猴ノ牧)主代殿に置タマ井其号塩河と改タマイシ、此ヨリ仲光カ妻ノ弟紀四郎ト云者塩河ノ牧へ遣シ、終ニ其邊に三菴ヲ立猿猴ト云字ヲ音ニ合テ前ノコトク塩河寺ト付ラル、又或説ニ中務馬芸ヲ大ニ得タル故、敏老ノ此遊興ニコトヨセ此猿猴ノ牧に赴、ツイニ心ヲスマシ念仏サンマイトナリ、一菴ヲ立猿猴寺ト号シ、後字ヲ塩河ニ改ムト云、代々此エンコウノ牧ヘハ順行セラレケルトソキコヘシ、コレ當家名字発起ノ牧ナリト云傳、云々(高代寺日記上)
 『吾妻鑑』にある、承久の乱に鎌倉方として出陣した塩河中務丞の「塩河牧」の場所は、恐らくは現在の上田市丸子町塩川と推測されるが未詳である。隣接する「藤原田」は藤原氏を祖先とする藤原塩河氏の領地があった場所と考えられる。嘉暦四年(1329)の『諏訪上社大宮御造営之目録』に塩川氏の名が見られる。『丸子町史』の見解は隣接する長瀬村の長瀬氏が塩川牧の中心的人物ではないかとして、塩川氏の存在を否定している。『承久記』に塩川三郎の名が見えるが、『吾妻鑑』の塩川中務丞と同一人物なのか、その関係も不明である。
『承久記』に登場する「塩川三郎」は鎌倉方として戦っているが、『間部家譜』に登場する塩川三郎満国ではないかとする説もあるが、前述した「間部家譜」はそれを明確に否定している。
一方、上田市の隣町小諸市には塩川姓が多く、小諸市の郷土史家・塩川友衛氏に話を聞くと、小諸の塩川氏は新田氏の末裔であると言う。吉沢好謙『四隣譚藪』に、「信濃御牧佐久郡方角」と言う絵図に塩川牧の場所が示されており、「耳取村の北に塩川牧あり」としている。



藤原仲光末裔 茨木郡山城主郡氏



 『郡氏由緒書』によれば、「郡兵太夫は郡山城主、郡村、中河原村、宿河原村、上野村、下井村、五ヶ市村、七ヶ村を領被申候」とあり和田惟政に仕え、白井河原の戦いでは、荒木村重、中川清秀、山脇源太夫らと戦い討死している。その時に、「中川氏系図」では中川清秀は中河原村に僅かな領地を有していたと言う。中河原村は郡山城のお膝元である。

塩川氏と池田氏の関係





推理と仮説

①中川氏の出自
 「中川氏系図」によれば、中川氏は清和源氏行綱流で、茨木の中河原に住したので中川氏を称したとあるが、私は疑いを持っている。中河原村は前述した郡氏の領地である。郡氏は藤原仲光末裔の塩川氏である。その中河原に住したと言う中川氏嫡流である多田太郎秀重が塩川摂津守を名乗り、その子は塩川伯耆守孫太郎重房を名乗っている。時代的には、多田太郎秀重の義弟が足利義詮の子となっているので室町時代前期であり、中川清深の代が南北朝に当ると考えられる。郡氏が塩川氏を名乗るのであれば大いに納得できるのであるが・・・。

 前述した『尾張国誌』に塩川秀満の孫伯耆守国満は尾張巾下村の人也とある。

『尾張国誌』「愛知郡塩川氏・塩川秀満の孫伯耆守国満、信長に仕ふ。又孫四郎あり、共に巾下村の人也。」
『尾張』太田亮 愛知郡「中川氏称清和源氏多田氏族蔵人頼行四代孫中川頼仲(小中川氏)の後なりと云ふ、家紋 鳩酸草(かたばみ)、牡丹の折枝、武衛麾下の士に中川因幡守清政なるものあり、名古屋村の人也、」

 摂津島下郡中河原村の中川氏は尾張国中川因幡守清政に繋がるのではないだろうか。多田庄の正当な支配者であると主張するために多田行綱流を名乗ったのではないだろうか。





中川清村 明応三年十月二十三日多田落城養育于池田弾正忠館後于摂津国島下郡中河原村
中川清秀 弘治より永禄の比、御家衰微して摂州仲河原辺僅の御知行にて、摂州池田筑後守勝政の旗下に属せらる。


②塩川越後守仲章と塩川信濃守秀仲

『大昌寺文書
 (塩川家) 塩川家ノ祖先ハ源頼光ノ嫡子頼仲数代後吉川越後守)、文和元年(1352年・正平七年)四月拾六日辰山へ来城シ、其後三拾三年ノ後山下城ト改メ、塩川伯耆守ト改ム、二百三拾五年、天正拾四年十月七日、国乱ノタメ落城、其ノ間凡六百六拾年、落城後九拾九年目ノ貞貮年丑(1685年将軍綱吉)ノ拾壱月、塩川頼元(国満―長満―基満―頼元)殿ヨリ平野御寶殿ノ祈願書ト塩川家系図トヲ持来リ、安村五郎衛門家ヘ預ケ置カレタリ、菩提所ハ徳倉領天王山薬師寺トサレタリ、
(木田家) 木田家ノ祖先ハ安村勘十郎ト申シ、吉川越後守ノ家老職ニテ、文和元年、辰山ヘ来城ト同時ニ當地に来リ、今ノ立川ノ地ヲ開墾シテ其ノ名ヲ立川(たてこ)ト称ス、三町有余ノ地ハ全部公部地ナリ、其ノ一部ヲ分譲シテ、同家ノ屋敷ヲ設ケタルナリ、其処ヨリ城内之奉仕ヲシタリシニ、落城後農家トナリ、安村勘十郎ヲ安村五郎兵衛門ト改名セリ、現今音吉ノ家一戸アリ、其ノ家ハ五兵衛ト申ス者ナリシガ、寄リ株トシテ今ニ親戚トシテ交際シ居レリ、大道ヨリ西ニハ二百五十年経タル家屋ハ二軒ノミニテ寺一ヶ寺ナリ、 元禄初年ニ伊勢大神宮大夫木田新左衛門殿常宿トセラレ其ノ縁故ニ依リ、同姓セニヨトノ事ニ依リ、木田弥市兵衛と改名ス、
大昌寺)
 大昌寺ノ歴史ヲ申サバ安村家ニテ成立シタルモノナリ、越中立川龍象寺ノ弟子ニシテ、兄ハ池田ノ大廣寺ノ住職トナリ、弟ハ安村家ヘ寄寓シ、安村之レヲ援助シテ、拾ヶ村ヲ廻り皈依者ヲ得、安村宅ノ西小高キ所ヲ切開キ、一ヶ寺ヲ建立シ、之レヲ鶴林山大昌寺ト名ヅケ、寶徳二年(1450)入佛成リ、本寺ハ遠隔ナルニヨリ、大廣寺ト相互ノ本寺ト約速シアリシモ、其後大廣寺ハ総持寺ノ直末トナル由申シ来タリ、大昌寺ハ大廣寺ノ客末トナレリ、今ニ大廣寺ヘ行ケバ別室ノ待遇ヲ受ケ、又大昌寺ヘ来山セバ別格ノ待遇ヲナセリ、 猶慣例トシテ大昌寺住職ハ正月年始盆ノ棚経ノ際ニハ出立チヲ安村家ニテ饗ケ、其レヨリ各檀家ヲ廻レリ、現今モ棚経ノ出立チ饗応ハ木田氏之レヲ継続シツゝアリ、文禄三年古検地ニ屋敷ハ壱反四畝九歩、北南六拾壱間、巾四尺八寸ノ地所西ト東ニアリ、延宝七年新検地ニハ屋敷壱反四畝九歩、田八畝九歩、畑七畝十二歩ト続ニ畑二畝七歩トアリ、是レハ高附除地ニテ明治三年取上ゲニ成リ、其後父弥市兵衛村用ニテ県庁ヘ行キ払下洩レニ付キ金拾弐円也ニテ買ヒクレトノ事にて買受ケ皈リテ第廿五世宣道方丈ノ浄財ニテ買ハセタルモノナリ、

『大昌寺文書』によれば、文和元年(正平7年) 吉川越後守とその家老安村勘十郎は辰山へ来城し、33年後に山下城主塩川伯耆守と改めたとある。塩川又九郎師仲は四条畷の合戦で討死し、塩川氏は一旦滅んだのではあるまいか。そこへ塩川の名跡を嗣ぐために、吉川越後守が越中から戻ってきた。しかし、中川氏も多田行綱裔を称して多田庄へ入部したのではないだろうか。塩川信濃守秀仲と塩川伯耆守秀重・孫太郎重房コト慶秀は多田庄で塩川の名跡を争ったのではないだろうか。塩川氏は多田御家人筆頭格であり、当時、多田上津城には多田氏 (多田行綱末裔、多田春正、伊丹親興に滅ぼされる) が居たが、実質的には塩川氏が多田庄の支配的地位にあった。やがて上津城の多田氏も塩川氏に取り込まれる。

多田ノ乱(1451) 伯耆守秀仲と伯耆守秀重・慶秀の嫡流争いが多田ノ乱か?
「多田院文書」に、享徳元年(1452)の先年「多田乱」があったとある。同じ「多田院文書」によると、塩川秀仲が1441年に田寄進、1461年没、とあり、また塩川入道慶秀1477年田寄進、塩川秀満1467年田寄進、また1441年柏梨仲宗子・平岡九郎次郎頼宗田寄進・秀仲袖判とある。「中川史料集」の多田系の塩川伯耆守を名乗る慶秀・秀満らと塩川仲章系秀仲・頼宗等の間に 伯耆守を巡って争いがあり、秀仲と慶秀の政権争いが「多田乱」ではないのか・・・。



 
 結論
 藤原仲光後裔の塩川氏嫡流は、間部塩川吉太夫国満こそが正当な塩川氏の末裔であり、塩川刑部大輔仲章、信濃守秀仲は吉河氏、塩川伯耆守国満、長満は信長の傀儡で中川氏
(小中川氏)であり、「信長公記」で正当化された塩川氏と考えられる。仁部塩川氏はおそらく源高頼末裔で多田御家人であったが、塩川吉太夫国満の養子になり、「多田雪霜談」のストーリーを江戸時代に作り上げたものでしょう。細川政元に仕えていた塩川三河守一家は政元暗殺後、恐らく多田庄阿古谷に隠棲し、間部塩川吉太夫国満は西峰城主であり、天正三年に阿古谷に三庵を建てている。紫合亭も山下城主塩川氏と西峰城主塩川氏両家の好のために設けた亭だったと思われます。



(C) 2014 copyrights, the Hokusetsu Local History