北摂多田の歴史 (清和源氏と塩川氏の研究)      
北摂多田の歴史

menu

多田源氏発祥の地

北摂多田庄の歴史


多田蔵人行綱
多田氏の研究


「高代寺日記 上巻」解説
清和源氏の研究

「高代寺日記 下巻」解説

塩川氏の研究

歴史史料の活字化
高代寺記・大昌寺文書・他

北摂の歴史散歩
多田周辺の歴史遺産紹介

北摂の歴史散歩
 その2


上司小剣研究
郷土史の観点から

多田の懐古写真館


源満仲 公 と 龍馬
(今中氏所蔵)




これらのページの著作権はPFGにあります。写真・論文の無断転用を禁じます。 
topic news 
 尾張国中島郡国府宮へ行ってきました。
塩川源六郎秀光・吉太夫・勘十郎父子の出生地です。

近くには織田信長生誕の城と言われる勝幡城と清州城がある。
織田信長と池田恒興と塩川秀光は幼馴染だったと思われる。
 
 重要文化財の門には塩川氏の家紋である獅子牡丹の彫り物があった。
 
 
 
『高代寺日記』の著者は塩川頼元 コト神保元仲  
『高代寺日記』は吉河塩川氏の家記だった
 【吉河氏塩川氏】
多田満仲-頼範-頼仲-頼重-貞信-信家-信仲--
---吉河信阿(初代塩川仲義)---塩川仲章・仲宗---神保元仲

 
 
摂津中村城代の末裔の中村氏文書発見、第一級の史料
 塩川伯耆守曾孫神保元仲から木田氏に宛てた手紙(左)
 木田氏から中村作左衛門尉に宛てた手紙(右)
塩川頼元は幼くして両親に先立たれ、母方の丹波由良庄の神保家・別所家で育てられた。
塩川姓を捨てて神保氏をなのるに当たって塩川氏の家記を書き残した。
「木田中村之系図」 奥書
神保元仲が「終考家記・校正家譜」とある。
 
 
 

推薦図書

「高代寺日記」
清和源氏と塩川氏の謎にせまる

 



上寺観音寺阿弥陀如来像


上寺観音寺地蔵菩薩像


傳多田院地蔵菩薩像
 


多田上津城址
 
原発・核兵器反対
地球は現在の人類だけのものではない

リンク

猪名川万葉植物園

STEREO写真館 
中川清秀公・本陣



copyright©2014 Hokusestu Tada no Rekishi